お問い合わせ

「コンバージョン改善のプロフェッショナルが語るCROセミナー」に登壇いたしました!

  • Home
  • 「コンバージョン改善のプロフェッショナルが語るCROセミナー」に登壇いたしました!

misaこんにちは! Ve Japan石川です。

10月8日(木)クロスフィニティ様主催の「コンバージョン率改善のプロフェッショナルが語るCROセミナー」にVe Japan石黒が登壇いたしました。
※CROとは、ウェブサイトに来訪したユーザーのコンバージョンする率を高めるために、ウェブサイト全体の最適化を行う施策のこと。Conversion Rate Optimization(コンバージョン・レート・オプティマイゼーション)の略

当日は約50名の方が参加され、平日の昼間にもかかわらず会場は満席に近い状態でした。
それだけCROが注目されているということですね!

 

セミナーの概要

これから「CRO」を本格的に実施しようとお考えの企業や、現状のCRO施策に課題を感じている方に向けてのセミナーということで、”コンバージョン率改善のプロフェッショナル”がスピーカーとして登壇されていました。

 

登壇の様子

クロスフィニティ田中様のご登壇では、「スマホサイトにおけるCVR改善の最新事例!
ユーザー属性に応じたコンテンツ最適化手法のご紹介」 ということでスマホに特化したお話でした。
LPO市場規模は、スマホ領域で年々伸びていく予測がされているなか、クロスフィニティ様では、クライアントサイト内のボタンデザインや文言など、テストを繰り返すことで最適化を目指されています。

crossfinity様資料
ちなみにこのスライドの中だと、パターン3が通常の1.89倍のCVと効果が高かったようです。
ただし、サイトによっては必ずしも毎回このパターンが成功するとは限らないので、テストにて検証するのは効果的ですね!
質疑応答の時間には、Webサイト運用担当をされている方から質問があり、帰社後さっそく使えそうな情報もありました。

 

Ve Japanサービス紹介

さて、続いて弊社石黒の登壇では、サイトからの離脱にフォーカスし「CVR改善はLPO、EFOだけではない。サイト離脱対策とその効果」というテーマのもとお話を進めさせていただきました。

世界43か国にて導入いただいております!

欲しい商品をカートページに入れていても、そこから76%ものユーザーが離脱をしています。
十分に購買欲求が高まっていても、カート内の金額や送料がかかることを知って離脱したり、決済ページの入力項目が多くてうんざりしたりと理由は様々です。

自然回帰率は7~8%程とされていますので、実に90%以上のユーザーが戻ってこないこととなります。

そこで、我々のサービスの出番です。

サイトを離れようとするとポップアップが表示され、プロモーション情報や購入の特典などでサイトの滞在を促します。

ドイツのBest Westernでは、このポップアップの利用で売上が2.5%上昇したというデータが出ています。

こちらは離脱したユーザーに対し、メールを配信してサイトに引き戻すサービスです。
基本的にはメールアドレスを入力後、45分間購入しなかった場合にのみ送信されます。

メールのテンプレートはもちろんVe Japanでご準備します!

日本でもすでに多くの業界で導入いただいており、通常のプロモーションメールではありえない高い効果がでています。

導入はVe JapanのJavaScriptタグをサイトに埋め込んでいただくだけなので、とても簡単です!
サイトに合ったデザイン、サービス利用をサポートさせていただきます。

そして、Ve Japan石黒の登壇後にも、下記のような方々がプロフェッショナルなお話をしてくださりました。

「アクセス解析やABテストの限界を超えるには!?~定量データ×定性データで実現するCRO実践手法~」
株式会社ポップインサイト 代表取締役社長 池田 朋弘様

「様々なデータを活用したCVR最適化の手段」
株式会社Intimate Merger 代表取締役社長 簗島 亮次様

 

まとめ

CROに特化したセミナーということで、普段は聞けないような話を伺うことができました。
また、CROには様々な角度からのアプローチができるので、自社サイトに合った改善方法を組み合わせて、効果をあげていくことが必須だと感じました。
Ve Japanもそういった面で、皆様のお役に立てたらと思います。

今回このような機会を与えてくださったクロスフィニティ様、また、ご多用の中お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

※好評につき、11月にもクロスフィニティ様主催でセミナー開催予定です。
詳細は改めて告知いたします!

Ve Interactive, Blog

Posted by Misa Ishikawa

Comments

Search

Popular Posts