how-tech-alone-is-not-enough

プログラマティック広告を確実に成功させるのにテクノロジーが不十分な理由

皆さんのデジタル戦略に関連した機会や課題に焦点を当てると、多くの場合、解決策には今後の対策に向けて設計された新しいテクノロジーのリサーチ、購入、そして実装という過程が含まれます。プログラマティック広告に関しても他の媒体と同様、ほとんどが同じと言えます。

広告やマーケティングのキャンペーンや戦略を成功させるために、テクノロジーが大きな役割を担っているのは言うまでもありませんが、オンラインのパフォーマンスの改善や重要課題の解決を期待するのであれば、様々なテクノロジーを購入し実装するだけでは不十分です。特に、プログラマティック広告を成功させるためには、テクノロジーそのものは基盤でしかありません。。テクノロジーをどう活用するかが重要になります。

統一されたテクノロジー

はじめに、適切なテクノロジーが必要になります。1つのサプライヤーまたは複数のサプライヤー由来かどうかに関わらず、顧客のエクスペリエンスを通して統一されたテクノロジーです。様々なテクノロジー同士で接続や通信ができないような一貫性のないテクノロジーは、良い結果より悪い結果をもたらします。実際に、ウェブサイトにランディングが発生した際の全有料トラフィックの直帰率は68%です。皆さんが現在稼働しているソリューションとどのように統合するかを考慮せずに新しいテクノロジーを実装された場合、最適なパフォーマンスには届かない状況を自動的に作り上げることになります。

ブランドがシームレスなオンライン・エクスペリエンスを作り上げ、顧客に提供したいと思われるのであれば、まずは、顧客のオンライン・エクスペリエンスを(特にマーケティングのテクノロジーと)総合的につなぐ有料広告やプログラマティック広告の形式をはじめに選ばなければなりません。そうすることで、エンゲージメントとコンバージョン率両方の著しい上昇が期待できます。

キャンペーンの最適化

テクノロジーだけでは不十分だという場合、何に焦点を置くべきでしょうか?プログラマティック広告の成功は、多くの場合、キャンペーンでの直接的な決断結果に左右されます。どんなに良いソリューションを導入しても、様々な媒体で提供されるキャンペーンがあまり良くなかった場合、テクノロジーもそれ相応の力しか発揮できません。

キャンペーンが成功するかどうかは、キャンペーンの種類に大きな影響を受けます。将来に向けたブランディングのキャンペーンは、リターゲティングのキャンペーンとは根本的に大きく違います。将来に向けたブランディングのキャンペーンは、新しい顧客を魅了することやブランドを紹介することに焦点を置き、広告想起(対象者が広告閲覧後に広告の内容を覚えているかどうか)が重要な点になります。一方で、リターゲティングのキャンペーンは、すでに皆さんのウェブサイトを訪問したことがあり、皆さんの製品に興味を示された可能性がある購買ファネルの下の方の顧客に焦点を置きます。

皆さんの広告テクノロジーの価値を最大化し、広告起因の売上数をできる限り高めることで出費の効率性を最大限伸ばすには、広告とオンサイト・キャンペーンをつなぐことを考案する際、焦点を置くべき点が幾つかあります。

キャンペーンのツボを押さえる3つのヒント:

1. 順次的であること

皆さんのオンサイトの表示内容が、訪問者を誘導した広告のキャンペーンと明確に関連しているようにすること-この全体の流れを1つの会話と考えてみてください。皆さんのホームぺージに関連性のあるメッセージをリアルタイムで提供してください。広告をクリックして訪問した訪問者の興味を引くだけでなく、広告を閲覧して、その後に皆さんのウェブサイトを訪れた訪問者の興味も引き出すことができます。また同様に、オンサイトのコンテンツが単体で完結しているかを注意深く確認しましょう。大抵の場合、私たちは自分が見る広告を完全に記憶したり理解したりしませんが(ブランディング広告の広告想起率が現在6%であることが示されている)、広告とオンサイトのメッセージのつながりをかき立てるようなより優れたオンサイト・エクスペリエンスを構築すると同時に、オンサイトのコンテンツだけでも理解できる内容になっていることも重要です。Blog-img-i-gaming

2. 反復的にならないこと

オンサイトで広告の内容をただ繰り返すだけでは、何も新しいことがなく、顧客にとっての付加価値がありません。順次的な内容にすることと顧客の興味を引くために新しいことを取り入れることのバランスが必要です。全く同じ内容をオンサイトで提供すると、顧客の関心をさらに深めるせっかくの機会を見逃してしまいます。広告とオンサイトの両方を通して一貫してクリエイティブであり、関連性があるものにしておくことで、たとえ無意識であったとしても、訪問者はメッセージを広告とつなげることができます。広告キャンペーンの創造性とエッセンスを保ったたまま、さらなるUSPや利点等、新しい情報を強調できるよう、キャンペーンのキャッチコピーを調整できる方法を見出してみてください。Blog-img-Travel-1

3. リターゲティングを活かす

リターゲティングのキャンペーンの場合は特に、できるだけ多くの情報を推論し有効活用することが重要です。1つの方法として、リターゲティングの広告を閲覧されたか、以前訪れたことがある訪問者か、また皆さんのブランドや製品への興味を以前示したかどうかについて知ることです。それを理解することで、訪問者が広告のクリックまたは閲覧して皆さんのウェブサイトを再訪された際に、皆さんがそれを認識し、再訪者が歓迎されていると感じられるようにすることができます。オンサイト広告の製品を再度表示させる場合、なぜ該当の製品が表示されているのかを訪問者が理解できるよう、その意図を訪問者に必ず伝えてください。例えば、この場合は、訪問者が以前閲覧されたから、ということになります。Blog-img-1-Retail


このヒントとともに、皆さんのテクノロジーを最大活用できるオンサイト・キャンペーンに広告を作成することを考え始めることができるでしょう。ただし、キャンペーンおよび対象者は毎回違うことを覚えておいてください。ある設定でうまくいったことが、後でも同じ効果を発揮するとは限りません。最も革新的で創造をかき立てるようなコンテンツとクリエイティブを展開できるよう、それぞれのキャンペーンに同等の注意を払い、継続的に磨き続け最適な状態にしておくことで、成果を最大化しましょう。

弊社の業界初のソリューションは、デジタル広告をオンサイト・エクスペリエンスとつなぐことで、広告がクリックされたか、または閲覧されただけかに関わらず、訪問者に最も関連性があり訪問者が興味を持ちやすいキャンペーンを各広告毎にリアルタイムで提供できます。皆さんのデジタル広告の成果を今期内に改善させる方法について、弊社の専門家がご説明します。ご連絡お待ちしております。

デジタル広告

ソリューション

広告をオンサイト・エクスペリエンスとつなぐ

有料広告を貴社のオンサイト・エクスペリエンスとつなげ、関連性を付加するために弊社が提供するサポートをご覧ください。

詳しくはこちら
デジタル広告

Posted by Emily Atkinson