お問い合わせ

中断されようとしていたホテル予約を300件以上回復、イシン・ホテルズ・グループへの導入事例を公開。離脱防止ツールにより最大15%のコンバージョン率の予約完了

  • Home
  • 中断されようとしていたホテル予約を300件以上回復、イシン・ホテルズ・グループへの導入事例を公開。離脱防止ツールにより最大15%のコンバージョン率の予約完了

Ve Japanは2016年9月1日~2017年6月30日にイシン・ホテルズ・グループ様のホテル予約サイト内に当社離脱防止ソリューションを導入し計測いたしました。

 

概要

日本全国にホテル施設を運営するイシン・ホテルズ・グループ(以下同社)は、ホテル予約サイト内にVeの離脱防止ソリューションと リマーケティングメールを導入した結果、ホテル予約を検討していたユーザーに予約を促し、中断されようとしていた予約機会の完了によって予約数を回復させました。

 

14のホテル施設に 5つの言語対応を展開

同社は、オリジナル ブランドの“the b”を中心に、全14ホテル2208室を運営しており、2016年7月より14のホテル施設予約サイトに対してVePanelとVeContactを導入しています。日本語、英語、 韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語の5言語に対応させ、海外ユーザー向けの予約受付においてもVeの離脱防止ソリューションを利用しています。

 

離脱防止ソリューションVePanelで 宿泊予約の完了を促進

同社サイトでは、宿泊予約画面から他の画面へアクセスしようとしたり、ブラウザ画面を閉じようとしたり、無操作時間が経過したりすると、「お困りのことはお気軽にご相談ください」というメッセージを組み込んだVePanelを導入し、離脱しそうなユーザーに予約の完了を促しています。導入後、計測した1ヶ月間のVePanelクリック率は 9.5%、さらにクリックからのコンバージョン率は15.7%という効果を実現しています。

 

VeContactによりメールで 未完了の宿泊予約をリマインド

同社は、予約完了の促進をさらに補完するため、メールアドレス入力後に離脱したユーザーに「ご予約がお済みではないようです」とリマインドメールを送信するVeContactもあわせて導入しています。メールの開封率は62.8%、メール内リンクのクリック率は44.4%、配信からのコンバージョン率は5.1%と、高いリアクションを確認しました。

「様々なサイト/ページを立ち上げながら比較検討することがホテル予約におけるユーザー行動の実情かと思います。そのような環境下でVeのリマインド機能で機会損失を最大限回避できていることを実感しました。」
善財 義之 - 営業開発本部 コーポレートレベニューディレクター

 

調査概要

調査期間: 2016年9月1日~2017年6月30日
調査対象: イシン・ホテルズ・グループ the bサイト (離脱防止ツールを利用している14施設)
調査方法: 当社データより算出

ケーススタディーのダウンロードは以下から可能です。

導入事例:イシン・ホテルズ・グループ

ダウンロードページ
http://resources.veinteractive.com/case-study-ishinhotels

本件に関するお問い合わせ先
Ve Japan株式会社 杉本(すぎもと)
TEL: 03-6265-6018
E-mail: info.jp@veinteractive.com